毛穴を隠せる化粧下地

30代から毛穴が気になり始めましたが、40代になり毛穴の開きや黒ずみだけでなく、頬やほうれい線あたりのたるみ毛穴も気になるようになりました。洗顔方法を見直してみたり、化粧水や乳液などで引き締めてみたりも試しましたが、なかなかいい効果を感じられませんでした。そんな時人に勧められて試してみた化粧下地がとてもよかったのでご紹介します。

セルフューチャーというメーカーの「シルキーカバー」という商品です。最近は雑誌などでも取り上げられているようです。触った感じはかなり固めで、ごく少し指にとって薄く顔に塗り伸ばします。塗った後の質感はつるつるしており独特な感じです。

たるみ毛穴をきれいにカバーしてくれるだけでなく、長時間化粧崩れを防いでくれますし、乾燥やテカリも抑えてくれるすぐれものです。

たるみ毛穴が黒ずんで見える時は、シルキーカバーの下地の後に、黄色のコントロールカラーの下地も毛穴の気になる部分のみに重ね塗りをしています。以前はファンデーションだけで重ね塗りをしてカバーしていましたが、質感の軽い下地である程度カバーできるようになったので、ファンデーションが薄くてすみますし、その方がよりナチュラルに仕上がっているように思います。

あと、頬のたるみ毛穴を改善することは難しいのですが、最近は毛穴に特化した美容液なども流行っているので、それらを使ってみたいなと思っています。口コミで人気なのは、オバジとかですかね。

オバジは実は使ったことがあるのですが、刺激が強くて使いきれなかったので、もう少しいいのがないか探しているところです。

頬のたるみ毛穴に効く美容液ならコレ!

 

 

情緒不安定な息子

現在三歳で来春、幼稚園に入園する息子を育てています。我が子ながらわりと賢く、よく話し、自然と読み書きもできるようになりました。なので、学習面ではあまり困ることはないのですが、精神面の情緒があまり落ち着いていないのが悩みのたねです。同世代のお友達と接するなかでは、自分の思う通りにいかないとイライラしてしまうことも多く、ものに当たったり、突然泣き出したり。親子の関係はよいと思うのですが、その点がいくら注意してもなかなか治りません。

脳の機能や発達の問題なのでしょうか?
カルシウムやDHAを摂取してみたほうがよいのでしょうか?栄養素がたりてない?

ただ、子供にサプリメントを与えるのは、経験がなく、やはり形が見えない不安があります。自然な小魚や青魚などで摂取できるならそれに越したことはないと思います。

しかし、現在の小魚や青魚にどれ程の栄養素が含まれているかも知りませんし、そもそも必要な栄養素がどの程度なのか、それが自然からとることのできる量なのかもわかりません。
また海の魚にどれ程の水銀などの有害物質が含まれているかなども、普段より目をつぶっている部分だと思います。

なので、脳の発達を促すのに必要な物質が安全にかつ、自然では取りきれない量を補ってくれるサプリメントがあるのなら体験してみたいと思います。

参考サイトはこちら

実力のある化粧品

中学校時代から成人するまでずっとニキビに悩まされ、20代半ばに入ってやっとニキビが落ち着きました。
さすがに20代では10代の時ほど酷くはなかったのですが、代わりに跡が残ってしまっていて化粧で隠そうとしても全然隠れない状態で、すっかり容姿に自信を無くしていました。

治そうと色々な美容法や化粧品を試しましたが、次第に無添加、無香料のものを選ぶようになり、最後に辿り着いたのはアメリカから来た化粧品、「ビーグレン」でした。

QuSomeという特許技術を使用した無着色無香料の製品で、謳われているのは浸透技術です。
通販でしか取り扱っておらず、広告も大々的には行っていません。新発売の時に雑誌を見たですとか、本当に偶然存在を知ったのだと思います。
普通にベースだけ揃えても10000円オーバー、それも通販でしか取り扱わない、少し敷居の高い印象を受けました。
それでも広告もしないのに、美容マニアの間ではかなり人気で評価の高い化粧品だということで、思い切って注文してみることにしました。

結果、見事大当たり。特に「cセラム」を使いはじめて2週間で、ニキビ跡が綺麗に無くなってしまいました!

今はだいぶ肌も落ち着いた為、ビーグレンで使用しているのは洗顔料とCセラムだけです。その他化粧品は無添加無香料のものを選ぶことで、肌に負担をかけないよう心掛けています。
ニキビ跡だけでなく美白効果のおかげで顔色まで明るくなり、自信を取り戻したおかげか容姿そのものも褒められるようになった!のも嬉しい誤算でした。

ビーグレンでニキビ跡が綺麗になった♪初回トライアルが使える!

 

顔のくすみを隠す

顔のくすみを隠す、また、厚塗りにならず自然な仕上がりが1日続く、むしろ時間が経つにつれて馴染むとても良いファンデーションがマキアレイベルの薬用クリアエステヴェールです。
つけたまま寝ても問題ない良い成分ばかりを使用している所もポイントです。
敏感肌の方にはもってこいの製品です。
もちろんクレンジングも必要なしです。
陶器肌とは違う、すっぴんのような綺麗さを実現できます。
クルクルとブラシを回すように肌に乗せると毛穴が目立たなくなり、クマやシミも目立たなくなりくすみのない透明感のある仕上がりになります。
最後にキラキラするフィニッシングパウダーを乗せると更に透明感のある綺麗肌になります。下地は使用しなくても充分きれいな仕上がりになりますが、下地とコンシーラーを使用すると、更にきれいな素肌美人のような仕上がりが期待できるかと思います。

くすみにくいファンデーション

様々な酵素ドリンク

酵素ダイエットに目覚め、数種類の酵素ドリンクを試したのでレポートします。
まず初めての酵素ドリンクデビューが大高酵素でした。これはデビューには絶対に向かない酵素ドリンクでしたね。匂いが強烈、味が濃い、とろみがあって、もう何これ!?正常!?となりました。頑張って飲み続けましたが、半分も減らないうちにギブアップ。体重は減りましたが精神的にやられました。
次に試したのが、お嬢様酵素。これはパッケージが可愛いく、大高酵素に比べると何千倍も飲みやすい!ただ、パンチが少なく運動・食事制限を同じにしていても体重の減りが少なかった印象を受けました。
次に試したのはベルタ酵素。これもお嬢様酵素と同じ感想ですね。あまり長続きしませんでした。

そして、今飲んでいるのはローヤルエンザミンという酵素です。こちらは味も匂いも強烈さはなく、本当に飲みやすいし、体重の変化も大きく現れたので継続して飲んでいます。
酵素ドリンクの合う・合わないは個人差があると思いますが、本当に色々な種類があるので試してみる価値はあると思います!

ただ間違いなく言えるのは、酵素を摂取しながらのダイエットのほうが、痩せやすい体質になるということです。

ローヤルエンザミン、エンザミンスタンダードなど、色んなエンザミン酵素飲み比べの口コミです♪

久しぶりの伊勢神宮

 

 

今日は伊勢神宮に参拝。

人生2度めの伊勢神宮だ。

初めて行ったのは、20代前半。

何もわからず、何も考えてなかった。

そのときの私は赤いコートを着ていた。

 

それがおしゃれだった(と思っていたのだ)

 

あれから20年。

 

いろんなことがあった。

いろんな人と出会って、結婚もして、離婚もした。

 

今日、いままでのお礼を言わせていただこう。

 

伊勢神宮に行ったときは聖地だとか、そんな認識は殆どなかった。

まだ、パワースポットという言葉すらなかった時代だったのだ。

 

でもパワースポットだから行くと言うのは違うけど、

聖地であるという感覚は必要だろう。

 

昔の人は、パワースポットだとか聖地だとか言う言葉はもっていなかったけれど、

侵すべからず聖域であるという、そういう気持ちは持っていた。

 

伊勢神宮に一生で一度は行きたいと。

 

そう思っていた。

 

そんなこともわからず行った20年まえ。

少しは大人になれた。

 

少しは目が見えるようになれた。

今、幸せを得ていることへのお礼。

 

 

草津温泉

先日初めて草津温泉に行ってきました。
噂には聞いていたけれどやっぱり素晴らしい温泉ですね!
湯量が豊富すぎて、あの湯畑を眺めているだけで、すごいパワーを感じます。
草津温泉はパワースポットだと言われていますが、その通りですね。

温泉はまさに大地のパワーが湧き出たものですからね。
あと、お湯がとてもいいです。草津温泉には源泉の種類もたくさんあり、有名なところでは白旗源泉、湯畑源泉、西の河原源泉、などがあります。

無料で入れる町の施設もありますし、泊まるホテルによっても引かれている源泉が違うので、いろんな温泉を試せます。

私も色々入ったのですが、やはりいちばん良かったのは白旗温泉ですね。
源泉はものすごく熱いのですが、宿によっては適温まで下がっており、長く入っても湯疲れしませんでした。

ちなみに公衆温泉の白旗源泉はものすごく熱いので、ご注意ください笑!

たまたま先日テレビを見ていたら、草津温泉の特集でした。

男性のレポーターの方が、白旗温泉公衆温泉に入っていたのですが、1分も浸
かっていられませんでした。45度か46度くらいあるのでとても入っていられませんよね。でも、地元の方はそれでもぬるいというとか。

観光客にはちょっと無理ですね。

でも私は地元の人に入り方を教わったんです。

お湯に入ったら、じっとして動かないこと。動くと余計に熱いのです。

確かにそれを実行してみたら随分ゆっくり入れましたよ。それでも3分が限界でした。

2016-10-16-09-58-12

かにかにかにーー

今年ももうすぐかにの季節がやってきますね!

昔、社会人になってからすぐの年、それまで毎年クリスマスは家族でかに鍋を囲んでいたのが懐かしくて、実家に美味しいかにを食べてもらいたくて、楽天の通販を利用して贈りました。実家の分と、自分用に2セット手配しました。

届いたかには丸ごとではなく、肩肉や爪などのカット済のものでしたが、状態もよく、お鍋用の昆布やだしも付いてて、美味しく食べられました。
届いた後のかにの解凍の仕方や、お鍋の作り方などの説明書きも丁寧で、とても分かりやすかったです。

少し値段が張りましたが、実家も美味しかったと大満足でした。季節の美味しいもので親孝行できて、とても良かったです。また懐に余裕が出たら、実家にかにを贈りたいと思っています。

体脂肪を落とさなければナイスBODYにはなれない

 

体脂肪を3%減らすには、どうしたら良いか。

 

最近それをよく考えています。

 

例えば体重が60キロの人、60キロの人が3%減らそうと思うと、約1,8キロの脂肪を燃焼させる必要がありますよね。

脂肪は1キロで7200キロカロリーありますから、12,960キロカロリーを燃やさないと行けません。

 

毎日の摂取カロリーと消費カロリーの差を500キロカロリーとしても、約26日かかる計算です。

 

500キロカロリーを食事で減らそうと思うと、やはりいま食べている量の腹八分目に減らして、糖質と脂肪をカットする必要があると思います。

 

食べたいものが糖質だったりする場合は、かなり厳しいです。

 

 

運動だけで減らそうと思うとさらに、厳しいです。500キロカロリーを燃やすためには、ジョギングを毎日1時間以上、筋トレを30分程度行って、ようやくという感じです。

 

 

それでも、約一ヶ月近くでようやく、体脂肪が3%減るのです。

 

ただたんに体重を減らすのではなく、体脂肪を減らすのは、やはり生活習慣の変化が必要なんでしょうね。

 

 

米子空港に

朝 06:55の羽田発に乗って初めての米子きたろう空港に到着した。

羽田から米子きたろう空港には残念ながらJALは飛んでいない。
JALの会員なのでちょっと残念には思うけれど。

7月の三連休の地方便は満席。
みんな旅行に行くのだろう。

米子空港は、米子という名前はついているのだけれど、所在地は、おとなりの境港市。

そこから、車で15分程で、有名な皆生温泉がある。

美しい海水浴場そばの温泉なので、夏は海水浴客で大人気の温泉なのだ。

朝、まだ日の出前に家を出てきて、ちょうど羽田の登場口でご来光をみることができた。
東の海から上ってくるご来光。久しぶりにいいものみたなあ。

それにしても米子便の登場口は遠い(笑)

いかにも地方へ行くって感じでした。

いかに羽田ー伊丹便が恵まれてるかって感じましたねえ。

でも羽田から米子空港はひとっ飛び!ホントにあっという間。

大阪から米子に行くよりもはっきりって、近いし楽。

お金はかかりますけどね。

米子空港は小さな空港だけど、とても気持ちがいいさっぱりした空港。

水木しげる先生のゲゲゲの鬼太郎の登場人物たちがいっぱい居て楽しい!

冬の山陰は寒さと雪で大変だけど、夏のあの美しい海は素晴らしいと思いますね。